Q&A マジカペの寄り釘とストローク攻略

質問ありがとうございます(^O^)
皆様からいただいた質問に答えていきます。

 

にほんブログ村 パチンコブログへ
↑人気の色々なブログが見れます。

 

~質問~

 

始めまして!大阪と東京で普段パチスロ打ってるucと申します。

早速質問ですが最近趣味で羽根物を良く打ってるのですが(マジカペ 大工の原さん ビックシューターなど)
そこでマジカペはどのどの辺に玉を打ち込めばいいかがイマイチよく分かりません……!!

ビックシューターも大工の原さんもまだまだ分かりませんがマジカペが本当に分からなくて質問してしみましたm(_ _)m

時間が空いてる時でいいので良かったら連絡下さい!

 

 

~回答~

 

質問ありがとうございます^^

マジカペのストロークですね。

ハネモノは釘によってストロークを
変えないといけないため先に寄り釘の
おさらいからいきます。

 

 

 

まずはこれがマジカペの寄り釘写メです。
IMG_2372

 

 

 

 

寄りで重要なポイントは

風車は矢印のように左に向いているとプラスです。
IMG_23572

 

 

赤○は感覚が狭ければマイナス。

緑○ピンクは感覚が広くなってるとマイナスです。

 

特にピンクは寄りに関して最重要なポイントなので
マイナスされてないかしっかり見ましょう。

 

 

 

肝心のストロークは
IMG_23672

 

 

主には2つのストロークですね。
では一つずつ解説していきます。

 

 

赤→ブッコミ狙い

 

赤○がマイナスされてなければブックミ狙いが良いです。

結構通りやすい印象でしたし
通らなくても他部分から寄っていく可能性があります。

 

 

緑→  谷間狙い

 

ストロークに関しては
釘の影響を受けにくいポイントです。

 

しかし 狙い だと跳ね返って
黄色→  ピンク に玉が流れることがあるので
風車の向きに気をつけて下さい。

 

あとハネ付近の
釘に多くぶつかることから
ピンク○釘が更に重要になってきそうです。

 

 

 

まとめると
それぞれの釘に余程メリハリがない限り

「ブッコミ狙い → 谷間狙い」

を試していくのがいいと思います。

 

実際に打ってみて
体感的に寄りやすい方を実践して下さい。

 

基本的に他のハネモネに関しても
同じように試していくのがいいと思います。

 

マジカペは寄りが命とも言えるような機種なので
寄り部分はしっかりと見ていきましょう。

 

余談ですがこちらに僕なりのラウンド間の止め打ちを記載しています。
「http://kazunari-1031.net/archives/735」

暫定版ですし、短時間しか打ててないので正しいかどうかは
分かりませんが参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

mixiやTwitterで
絡んでもらえると嬉しいです^^
「http://kazunari-1031.net/archives/1237」

 

 

 

↓↓パチンコとパチスロで勝ち方が
分からないという方にオススメです。

かなり好評で、特典も付いてます。

 

【新発売!月72万稼いだノウハウ!!
安心保証&特典付き「デジパチ&ハネモノ攻略プログラム」
※詳細はこちら

【大好評&特典付き
激安&最強の「パチンコの教科書」
※詳細はこちら

 

【大好評&特典付き】

最大にて最強「パチスロの免許証」

※詳細はこちら

 

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
いろいろなパチンコブログが見れます!!

 

 

パチプロ直伝 ~パチンコの極み~

登録解除
*メールアドレス
名前

 

 

 

質問や相談がある方はどんどんメールやSkypeして下さい(^_^)

パチンコ関連はもちろん、他にも趣味や雑談でも何でもオッケーです☆
気軽に連絡してください♪
※特典で、Skypeの時はサングラスなしの顔が見れます(笑)

 

Skype名:kazunari19881031

メールアドレス:kazunari-1031@hotmail.co.jp

mixi ID: https://id.mixi.jp/59324588
mixiキーワード: 田舎パチプロ かずなり

Twitter ID: @ready1031

LINE ID: kazunari19881031

 

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

securedownload (42)

かずなりといいます。
田舎でパチプロやってます!
気軽にコメントしてくれたり、ブログを持っている方は相互リンクしていただけると嬉しいです☆ミ
楽しく、参考になる記事を書けるように頑張ります(^^)

アクセスランキング

このページの先頭へ